架橋ポリエチレン配管システム

特徴

  1. ライニング配管、塩ビ管、被膜銅管などの一般の分岐配管設計図がそのまま流用でき、配管がコンパクトになります。
  2. 接合は電気融着工法のため、ねじ切りやろう付けといった専門的技術を必要とせず、「20秒〜60秒の融着時間」+「3分間の冷却時間」で接合完了です。
  3. さや管ヘッダー工法と異なり、ヘッダーや水栓ボックス、さや管などの特殊部材を使用しないうえ、継手の数も減らせるので、部材費の削減を図れます。
  4. あらかじめ工場で組み立てた配管ユニットを現場で敷設する「プレハブ工法」を採用することで、接合部の信頼性が向上し、工期短縮によるトータルコスト削減が図れます。

弊社は冨士機材株式会社の協力会社として
三井化学産資株式会社の認定工場です。